2006年12月03日

皆様ありがとうございました。

bp2.JPG学友会イベント、ホームカミングデイは無事に大成功に終わりました。今学校でちょっと片付けに来たついでに報告しようと思ったけど寒くて無理っぽいので、明日また更新しようと思います。学友会の皆様もありがとうございました。いろんな意味で勉強になりました。。。
bp1.JPG
posted by はなこ at 17:09| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

三成、関ケ原の戦い以後の不覚〓

200612022014000.jpg撮影の事しか頭になく、集中して話が聞けませんでした…卒業生の皆さん申し訳ありませんでした〓
ところで、写真撮影ですがデジカメの基本的な操作を取得しなんとか無事撮影する事が出来ました(ダメ写真がほとんどですが…)終わりよければすべてよしです〓イベントも無事終了しましたから良かったんじゃないですかね?それでは皆さん、この度の帰校、誠に大儀でありました〓あと学友会の皆さんも、お疲れさまでした〓〓 中央福祉の三成より
posted by はなこ at 20:20| 新潟 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

初めてのデジカメ撮影(苦笑)

200612011919000.jpg某は二年生、二十歳の純粋な青年です。明日のホームカミングディの為にデジタルカメラの操作法を身につけています。最近の電化製品には様々な機能がつき本当に便利な世の中になったと感じています。しかし、古風好きな某はその機能を活用するのにとても苦労しています(苦)でも、心配なさらんで下さい。なんとか使いこなせるようにしておきます(笑)某、明日の政のため励みますぞー!!エイ、エイ、オー
posted by はなこ at 19:22| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟中央福祉専門学校〜同窓会イベントのご案内〜

多くの参加申し込みありがとうございます。当日受付もしますので、予約されてない方も気軽にご参加ください。でも連絡いただけるとありがたいです(^0^)
日時
平成18年12月2日(土)
14時〜 受付開始(新潟中央福祉専門学校)
18時〜 懇親会(加茂よね蔵⇒変更⇒後日発表)

プログラム
◆分科会(14時30分〜2時間の意見交換形式)
1.グループホーム、小規模多機能施設、ユニットケアの情報交換
○小規模ケア、個別ケアのあり方などについて。
2.スタッフ教育についての情報交換(イマドキの方法を模索)
○特に、3年目以降や、教育担当の方に。
3.職場の不満を言い合おう!(不満だけで終わらせません)
○一番人気。不満と気付きと愚痴で盛り上がろう!
◆在学生参加不可の特別授業(14時30分〜2時間の講義とグループワーク)
★特に当てはまらないものがない方や、自分を見つめたい方に。

@初心に返る介護福祉学講座【高橋先生】

 ○初心に戻りたい、勉強したい、理念を確認したい方に。

A自己を見つめるスピリチュアル講座【知野先生】

 ○恋愛、自分、未来に悩む方に。

終了後(18時〜)懇親会・会場後日発表(学生参加不可)
会費3500円(懇親会のみ参加者4000円)申し込みはコチラ
posted by はなこ at 13:59| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プギャー!明日だ!!

ondine.JPGやばいやばい。明日ですよ。イベントは。明日は13時30分から受付開始です。参加費500円です。挨拶と内容説明のあと、各分科会に分かれていただき、ざっくばらんに2時間楽しんでいただきます。終了後は各分科会で決めていただいた発表者から演習室で報告していただきます。これが終わりましたら加茂村さ来に集合、18時〜懇親会です。会費は3500円(飲み会だけ参加は4000円)です。途中参加もOKですのでお気軽に。在学生も楽しみに待ってる明日のイベントはまだまだ参加者募集中です。
posted by はなこ at 13:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ケアスタディ発表会に向けて

kan.JPG今日から2年生はケアスタディ発表会に向けて、最初の授業でした。目標は3月12日の発表会までに発表できるように、準備ができていること。そのためにやることとして、今までの卒業生の発表会の記録から、自分が参考にしたいものを選んでもらいました。タイトルやADLだけでなく、それ以外の所からも参考にできる理由がなければ認められないので、学生は一生懸命説明してくれました。全員、しっかり説明できて、最初の1ページをほとんどの学生が作り上げました。方向性が見えれば文章なんて簡単にできるのです。これも訓練です。そんなわけで方向性が見える2日のイベントはまだまだ大募集してますので、ぜひお集まりください。写真は夏に行った空き缶回収のシーンです。
posted by はなこ at 16:06| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いのちの朝顔です

ino39.jpg今年の学友会が育てたいのちの朝顔です。学校の前に花壇を作って学生たちが一生懸命育てました。夏休みは水やりも大変でした。おかげでキレイな花を咲かせてくれました。永井先生からタネをもらったのですが、このタネからはきれいな蒼い色しか出ないのです。ちなみに今年は先生の名刺を一新して、名刺に花の絵を入れました。永井先生は朝顔、江川先生はカタクリ、そして高橋先生はバラです。なーんかソレっぽーい(笑)卒業生の皆様、お世話になった先生と名刺交換をして確認してみてはどうでしょうか。ちなみに私の名刺は左上の顔です。
ino38.jpg
ということでまだまだ2日のイベントは募集中です。ちなみにこのブログは携帯でも見られるのですが、わかってない人もいますので、まだ見てない同級生にも教えてあげてください。そうそう、懇親会が『よね蔵』の予定が満員でして、やっと今日、取れました。場所は加茂のガストの近くの『村さ来』となりました。懇親会ではぜひ、昼間以上の議論を交わしたいですなー。。。。楽しみ。
posted by はなこ at 01:03| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

準備を進めております

gak.JPG学友会メンバーを集めて、今回のイベントの趣旨や流れを確認しあいました。←いまさら(笑)今日は玄関あたりに飾りつけしたり、しました。14回生の学友会の会長は久保さんです。当日ご挨拶しますのでよろしくお願いします。イベントの参加者は当日まで参加受付しておりますので、お気軽にご参加ください。今年の学友会は、永井先生からいただいた『いのちの朝顔』を育てました。9月には種が採れましたが、雨でだめになったのもありました。また来年も学校の前で育てようと思います。
saku.JPG

↑こちらはレクリエーションの佐藤先生の授業で作った一年生の作品です。紙粘土で作ったモノです。佐藤先生のレクではいろいろと体験できます。そこから自分の好きなものとか、得意なものを見つけられます。作品作りって自分を見つめるからいいですよね。
posted by はなこ at 17:36| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学友会Kより

12月2日、卒業生の帰りを楽しみにしております。
posted by はなこ at 17:18| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

今日は入浴の授業

soji.JPGこの時期の1年生の授業は入浴介助の授業です。10年ほど前から、男子学生が増えたおかげで、男女別れての授業がやりやすくなってます。しかし介護は人の身体に触れる仕事なのに、演習では恥ずかしがったり、何をどうしたらいいかわからず、迷子の子猫ちゃんのように動けなくなる学生が多いのです。あと1年以内に消極的な態度を改善しなければ社会では通用しないのです。高橋先生、江川先生、永井先生はすごいですね。根気良く学生に指導してくれているのが近くで見ているだけによくわかります。4月に来た当初、自分の考えていたことと学生の意欲に大きな差を感じたときに、『2年後を信じなさい』と言われた言葉がやっと最近わかってきました。結果はスグに出ないとわかっていながらも、押し付けてしまいそうな自分を抑えながら(笑)坪谷先生の後任として、レベルが落ちないようにがんばりまーす。ということで、そんな学生に卒業後の姿を見せていただきたいので、まだまだイベント大募集です。現在50名超えました。誰が来るとか、問い合わせがありますが、積極的に一人でも参加してください。
posted by はなこ at 12:43| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

現場はどこにあるのか?

genba.JPG在宅介護関連の仕事をするとき、『3年くらい現場経験があったほうがいい』という考えがあります。介護職で言うところの現場とは、特養などの老人ホームのことです。確かに臨床経験という意味では、なるべく多くの方と接したほうがいいです。介護技術の繰り返しも在宅介護の比ではありません。私は介護保険を境に『現場=施設』ではなくなってきていると感じています。実習受け入れの責任者をしていただいている卒業生とお話をする機会がありまして、さらに実感しました。彼女は訪問介護の責任者です。施設経験が長くても、在宅では使えない人材も多い、生活力の乏しい介護職員でも利用者に教えてもらいながら仕事をすることで、自然と自立支援にもなっている、学校教育は施設への就職を意識したようなカリキュラムになっていますが、ぜひ、在宅介護の魅力も伝えて欲しい、というお話を聞きました。うーん同感。デイケアや、訪問介護には、家族を意識したケアがあります。施設では良くも悪くも、集団のケアで一人ひとりが感じる緊張感は薄れてしまいます。今ユニットケアや、虐待防止などで、施設でも在宅でも変わらないケアを求められています。もう一つ、在宅も施設もどちらも大事な経験ではありますが、これからは介護経験そのものよりも、もっといろんな生活体験を介護職には求められているような気もします。ということで、新しい価値観を発見できる今週末のイベントは参加者続出です。
posted by はなこ at 12:29| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

学校と現場の違いを考える。。

ju051.jpg介護職の方から『学校の授業と現場(介護の仕事)では全然違う』とか、『学校の学びは役に立たない』という言葉をよく耳にします。他の養成校の教員、卒業生からも同じようなことを聞きます。私自身も専門学校を卒業したとき、同じように思いました。専門学校の学びは基本を学ぶことですが、介護の仕事は、基本と応用がかけ離れすぎている印象があり、卒業して3ヶ月もすれば、その応用に慣れてしまい、学校の理論なんて忘れてしまいます。しかし、1年勤めれば、後輩が来ます。当然、教育係でなくとも、後輩指導は先輩としての義務であります。その時必要になるのが『なぜそうなのか?』という理論です。養成校の役割は理論の積み重ねです。だから学校の学びは役に立つはずなのです。ただ学校の教育と、現場の教育にズレがあるのは確かです。そこで私は、そのズレとは何か、学校教育の中でできる準備はあるのか?現場指導で見直すところがあるのではないか?という視点で、情報収集を始めました。12月2日のイベントではそんなお話もできたらいいな、と思っています。というわけでまだまだ参加者大募集中です。卒業生の皆さんの知恵をお貸しください。
posted by はなこ at 09:55| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

きおつけよう!?

kiki.bmp学生の記録に『きおつけようと思った』と書いてありました。『気をつけよう』ですよと、言うと真顔で『へー』と言われました。高校卒業してもこの国語レベルでは福祉どころか国が危ないですわ。それも一人や二人じゃないのです。メールでの造語の影響もあるかもしれません。『言葉』は非常に大切です。そして文化を継承する『文字』も大切です。言葉を知っているということは自分の気持ちを表現したり、分析することだってできます。考える力は生きる力になるのです。言葉の深さは人間の深さです。坂本竜馬は英語を知らずに海外へ渡り、多くの外国人に尊敬され帰国しました。ウザイとかキモイだけで終わらせていいのでしょうか?そのうちわかる、とか、知らなくても生きていける。。。そんなわけはありません。生きるというのはそういうことではありません。生きる=考えることです。知ることに『いつ知るか、いつか知る』は関係ないのです。石井方式国語研究会というところでは、0歳児から漢字を交えた国語教育を実践しています。意味のある漢字から学んでいくことが言葉を理解することになるそうです。古い日本は武士の家では3歳から論語を教えたそうです。レトリックを鍛えることにつながるのですが、私は『言葉に触れよう』も意識しています。授業の最後に辞書の意味を読んで、それに答えてもらったり、愛読書『月間 到知』の記事を読んだり。ちなみに到知とは、人間学をテーマに戦艦大和の乗組員の話や、道を究めた人の歴史など、生きることを考えさせてくれる雑誌です。高齢者を支える介護福祉士が何も知らない、何も察することができない、ではいけないのです。生きること、知ること、考えることにもっと命を懸けてもいいんじゃないでしょうか?ということで、知る、考えることができる12月2日のイベントまだまだ大募集です。
posted by はなこ at 11:29| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教員も日々勉強なのです。

kyou5.jpg学生指導だけが教員の仕事ではありません。学校の外に出ていろいろ勉強しているのです。県外への出張とか、近隣の専門学校の教員と集まって情報交換など。写真は教員講習会のひとコマ。教員講習会はその名の通り、近県から教員たちが集まり、指導方法を学びます。経験だけでなく、効果ある授業を進めるために日々勉強していくのです。さすがに教員と言われるだけあって、皆さん会話の内容のレベルが高い高い。ちょっとでも気を抜くと何の話をしているのかさっぱりわかんなくなっちゃうところが気持ちのイイ緊張を生みます。私も新潟中央福祉専門学校として参加しているからにはがんばらねば。授業では学生には積極的な発言を期待しているので、私も研修では積極的に手を上げます。意外と消極的な教員が多いんですよね。そしてせっかくの出会いなので、夜は懇親会へ突入するわけですが、毎回私が幹事になってしまい、毎朝『今日は飲み会ないんですか?』などと言われ、違う意味で中央福祉専門学校は有名になってしまうのです(笑)しかしおかげさまで、近県の専門学校の教員たちとも仲良くなり、情報交換も気軽にできて、授業に使えるネタをいっぱいもらえるのです。やっぱり同業同士のつながりは大事ですね。ということで、12月のイベントもそんな効果を期待して、まだまだ大募集です。最近そればっかですね。
posted by はなこ at 01:28| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

今日は球技大会

vabo.JPGいつからか、学友会の仕事の一つが球技大会の企画になっています。もうちょっと違うことをやってもいいのに、と思ったが、学生には重要なことのかもしれない。先日の打ち合わせで、『あまり運動する機会がないから球技大会が楽しみだった』と卒業生から聞けたので、今日の球技大会は、そんな意識でながめていた。確かに、学生の夢中になる姿はとってもいいです。さっきの授業まで寝てたのに(笑)このパワーは、勉強用のパワーではなく、動くためのパワーなのです。そして、1年生と2年生のコミュニケーションのキッカケにもなります。卒業してプロになったとき、同じ専門学校出身の先輩が心強い味方になることもあるのです。だから今のうちにもっと交流が深まればいいなーと思っています。ということで、そんな卒業生同士のつながりを深める、12月のイベントはまだまだ募集中ですよ。
posted by はなこ at 15:49| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

出前講座も受けております

nissan.JPG日曜日は日産労連&日産労連NPOゆうらいふ21による劇団四季『王子とこじき』クリスマスチャリティー公演がありまして、そのボランティアスタッフ向けの車椅子の取り扱い方法について講座を行いました。スタッフは全て日産ディーラーの社員です。要するに労働組合の積み立てによるボランティア活動ですな。たった一時間でボランティアの心構えから声がけ、車椅子介助の方法までを指導するってのもおかしな話ですが、新潟中央福祉専門学校の教員たるものは、しっかりやってみせるのです。車椅子のこと、福祉のこと、お迎えするお客様への心がけなんかは、どの仕事でも同じなんですよね。その辺を確認してもらいました。全員同じ組織といえど、全県から来るわけですから、初対面の方ばかりでしたが、最後は全員で笑って終了となりました。大事なのはその笑顔だけです。
私自身も個人的にボランティア活動はかなり積極的にやっていますが、ボランティア=イベント招待、施設のお手伝いだけではありません。災害、まちづくり、就労支援など、たくさんあるのです。私が個人的に活動しているのは、障害者の作業所の仕事作りと、販売支援です。老人ホームなどでは車椅子掃除や、昔はオムツたたみなどの仕事がボランティア活動の代表的なものでしたが、私は、一時的な支援よりは、誰もいなくなっても継続できるものの方が、良いと思っています。まちづくりで言えば、コミュニティーを作る、循環する仕組みを作る。災害ボランティアはセンターを立ち上げる、沈静化するまで関わる。地域やヒトが自立していく援助をすることが、ボランティア活動をする意味があるのでないかと私は思っています。
しかし、ゆうらいふ21さんのような、活動も実はとっても大切で、活動範囲が狭くなりがちな障がい者の方に文化的なものに触れてもらうのは良いことです。行けないから見れない、という壁を取り除いてくれています。しかも劇団四季ですからね。今年の1年生の研修旅行でも四季の『キャッツ』を見てきましたが、ホンモノを見ることはいいですね。ということで、出前講座、施設研修など、いつでも出張いたしますので、お気軽にお問い合わせください。12月2日イベントまだまだ募集中です。
posted by はなこ at 11:11| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ホームカミングデイの挑戦

P1000007.JPG今回のホームカミングデイを企画している新潟中央福祉専門学校は、1学年1クラス30名で、2年制の合計60名という温かいアットホームな学校です。本校の目的は、国家資格である介護福祉士を養成することです。したがって、卒業生の99,9%は特別養護老人ホームなどの介護職に就きます。少人数制であるゆえに、学生と教員の信頼関係は強く、毎日のように卒業生が教務室に遊びに(笑)、相談に訪れることは他の専門学校にない特色であり、これこそが、先輩教員の築き上げた新潟中央福祉専門学校の魅力なのです。

イベントを企画したきっかけは、卒業生の姿から学びたいと望んだ、学友会を中心とした学生たちの一言からでした。

企画内容は、今、注目の個別ケアや、新人育成の問題についての情報交換、特別授業などを分科会形式で半日かけて行います。

イベントの一番の目的は、学生たちが将来への明確なビジョンを持つことです。卒業生たちも中堅クラスともなると、入学時とは想像もつかないほど成長しています。夢を持つ彼らの姿を見ることは、教室での勉強よりも大きな気付きが期待できます。

もう一つの目的は、日々の研鑽を求められる卒業生のためのネットワーク作りです。介護福祉士は専門職です。専門職は単に求人広告を見て行けるところで働く』ような受身ではなく、『ここで、コレをやりたい!』『この人と仕事がしたい!』という主体的なものであるべきです。

このイベントが在学生や、卒業生にとって、良い刺激となり、時代を担
う使命感と夢につながることを期待します。
posted by はなこ at 11:29| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

パソコン授業もあるのだー!

pc3.jpg時々となりの短大に乗り込んでパソコン授業をやります。そのときの授業に応じた内容でインターネットで検索したりしてます。これからの医療福祉業界はパソコンスキルは必須です。というよりどの職業でもパソコンスキルは大事です。意外にもパソコンを使えない学生が多くびっくりしましたが、これが現状なのでしょう。会社などで『パソコンを使えます』と自信を持って言えるレベルはどこまでできれば良いのでしょう?まずはワード、エクセル、などMSオフィスが直感的に使えること。案内や、文書が作れる。これが初級。中級は、これに加えて、ネットで情報検索ができる、人に教えられること。上級はLANを組んだり、システムがわかることです。職場で使えるスキルは中級以上です。パソコンを覚えるのにパソコン教室に行く人がいますが、あれほど無駄なものはありません。自分でパソコンを買って、ネット接続して遊んでいれば覚えるのです。ネット検索の技術は結構アタマを使うもので、欲しい情報にたどり着くにはいろんな言葉を知らないといけないのです。検索上手は幅広い知識とセンスがある証拠です。だから授業では検索を中心に進めています。学生のうちは結構時間があります。ネットで稼ぐ方法もあるので、そんなことをしながらスキルを上げられれば一石二鳥でしょう。そんなことできねーよ!というアナタ!私は7回生としてこの学校にいた頃はネットだけで月40万円稼いでいましたよ。就職先ではパソコンメンテナンスやシステムは私がやっていたので経費が大幅削減できました。利益を追求することも大事ですが、支出を抑えることの方が経営を助けることになるのですよ。
ということで、まだまだイベント参加者大募集中ですよ。
posted by はなこ at 23:58| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち合わせというより飲み会でした

uti.JPG昨日、加茂のよね蔵に集まり飲み会打ち合わせしました。特に何が決まったわけでなく、楽しく飲みました。専門学校時代の思い出話を聞いていて思ったのですが、授業内容で良かった事や悪かったことの反省や効果を確認して、今後の授業に活かすということって大事だと思いました。これからもじゃんじゃんそんなことを卒業生に聞きながらより効果の高い授業にしていきたいと感じました。ちなみに現在申し込みは40名を超えています。まだ参加表明をされてない方はメールでも、電話でも一言お願いしまーす。飲み会だけの参加もOKです。
posted by はなこ at 13:29| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

レトリックを鍛えよう

2nen.JPGイマドキの若者は、自身を持ちたい、周囲から認められたいのに、一歩前に踏み出せない、という傾向があるそうです。確かに、学生を見ていても理解できます。なぜそうなのかは、時代の流れや、テレビ、学校教育、など、日本の精神の弱体化といったところでしょうが、何が必要なのか、どうしたらいいのか、ということを私なりに考えて、一つのテーマを掲げました。
『レトリックを鍛える』ということです。
これは今の社会人や、日本人全般に言えることですが、このレトリックを鍛えることができれば、介護福祉に限らず、どこにでも行ける人材となるのです。
専門学校は職業訓練校です。甘えさせるわけにはいきません。日々訓練なのです。このテーマについては4月から言っていることで、最近では、一部の学生も理解しはじめ、課題を与えると『訓練ですね?(笑)』と言ってくれます。だから良いと思うことは強制してでもやってもらいます。感じることからはじめます。教育というものはすぐに結果の出るものではないので、学生には期待して、光を当て続ける、ということが大事なのです。そのためにも卒業生や家族の皆さんの協力が必要なのです。
posted by はなこ at 12:14| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。