2007年03月10日

最後の大仕事でした。。。。

CIMG7019.JPGいよいよ来週はケアスタディ発表会です。準備をなまけていたために、他の先生方、2年生の学校に残っていた方たち総出で資料作りをしていただきました。(スミマセン。。。。)バインダーの買出し、資料のコピーなどなど、、、。ワタクシは夕食の買出し、プレゼンデータの作成に追われ。。。最後に記念撮影となりました。
帰りは皆さん元気良く『センセー楽しかった〜。最後の良い思い出になった〜』などと言っていただけました。申し訳ないです。。。僕にとっては、来年もコレがあると思うとトラウマになりそうな勢いですわ(笑)
ホントにみんな大好きです。ありがとね。
CIMG7044.JPG
posted by はなこ at 00:10| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

今後の介護福祉士のあり方を考える。。。

ikaho.JPGこれからの介護福祉士のあり方や、現場の問題などを研究されている小笠原先生のお話を聞きに行ってきました。素晴らしい方です。教科書にも名前が載っている方ですが、理想論ではなく、しっかりと現場の代弁をしていただいている方です。介護の歴史から、アセスメント、現場教育や、養成校の今後の提言まで予定時間を予定通りオーバーしての熱い講演となりました。少人数でしたが、濃い時間となりました。なんでもそうですが、『そもそも』というところから始まるハナシって面白いですね。やはり歴史的な背景はとっても重要です。それを無視して「これから」は語れません。講演が終わった後は宴会でした。久々にお会いする県外の仲間たちと近況報告から教員給与の暴露大会でとっても面白かったです。しかし教育ってのはお金がかかりますね。自分自身の勉強にもお金をかけないと成長にならないということも実感できた夜でした。
posted by はなこ at 11:07| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

バレンタインっていいですねー。

kiry1.jpg学校の先生になって良かったと思ったのは、学生からバレンタインの義理チョコがもらえたことです。ちょっと感動しました。ありがたいです。自分のいないところでボクのことをちょっとでも考えていてくれたことが嬉しいです。もっと学生と関わる努力をしないといけないんだなーっと感じたバレンタインでした。
posted by はなこ at 01:02| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

長岡看護福祉専門学校の発表会

naga.JPG長岡看護福祉専門学校の発表会に行ってきました。ここはクラスが多いため、クラスごとに同時に発表するのです。しかも実習1ヶ月ということもあって、学生の皆さんは考えることが深くて聞いていてもイメージがわいてきます。うーん、これは負けてられないなー、ということで、私どももがんばらねばなりません。ここの学校の先生方も何人かお友達がいるのですが、皆さんとっても優秀なのです。ここの卒業生も幸せだなーと思います。ホントのプロがいるんですもの。そういう意味でも負けられないし、我が校の学生の皆さんにも苦労してもらわなければいけません。げははは。近々長岡の先生方と飲むしー。これまた楽しみですわ。こんなことブログに書いていいんでしょうかね?いいんです!優秀な介護福祉士を育てればいいんです。それよりも僕の勝手にやってることですから。げはははは。
posted by はなこ at 16:05| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

介護は現場で起きてるんだ!!!

toto.JPGえーコホン。実は時々、現場を訪問しています。今日はある高齢者のご夫婦のお家へおじゃましました。お二人とも何年も前からヘルパーさんや福祉用具のレンタルなどの介護保険を利用されています。膝の痛みが進行し、入浴が困難になってきた奥様のために、バスリフトをお試して入れてみようということになりました。商品を見た瞬間『こんげ大きいのいらねてばっ』の一言で却下。(お年寄り相手の仕事ってその時にならないとわからないですからね、、、)それでも試しに、と、ケアマネさんと訪問看護師さんの説得で、設置してみました。おおー結構いけるじゃん。みんなで交代で体験してみました。介護に携わる人の多くは福祉用具をよく知りません。使えば便利なものもたくさんあるのです。問題は知らない、ということです。あとは相性もあるので、やはり体験したり、利用者の状態、理解度も考慮しなければなりません。福祉用具は専門相談員という資格があるものの、やはり経験が必要なのです。ただ、福祉用具を扱う人たちが単なる業者扱いをされてしまい、ケアマネさんや、施設職員のいいように扱われ、プライドを持てない営業マンも多いのです。やはり一つの社会資源、チームワークの一員として、一緒に考える、という視点が大切なのです。だから営業マンにも勉強してもらい、ただ言いなりに安くしたり、愛想笑いでやりすごすのではなく、自信を持って対応していただきたいものです。それだけに他の専門職の皆様にも、福祉用具を持ってくるだけの業者扱いして欲しくないのです。そして学生の皆さんにも、施設で働くだけでなく、こういう福祉用具で援助していく仕事の魅力も理解していただきたいものですな。そして今の現場を知っている教員が専門学校にいるということも重要なことですよ。げははは。ちなみにこれはシートを外した状態ですな。
posted by はなこ at 17:57| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

3月12日はケアスタディ発表会

maikka.JPG毎年2年生は卒業前の最後の集大成として、ケアスタディ発表会があります。特養実習での介護計画や、実際の介護のかかわり、考察などを発表していただきます。今回の発表は今までと違って、パワーポイントを使って、より『伝える』ということを意識しています。今年は希望者のみでこのプレゼンテーションを行いますが、ぜひ、卒業生の皆さんは聞きに来て下さい。今までの発表とは一味違いますよー!!しかも、下書き締め切りの今日、2年生に初めて伝えたにもかかわらず、4名の男子、2名の女子がこのプレゼン企画に名乗りを挙げました。まだ渋ってる方もいるようですが、私が今までのビジネスで作り上げたノウハウを伝授いたします。私の挑戦でもあるこの企画を成功させるのは学生の皆さんです。かっこよく発表させてみせますので、楽しみにしててください。そしてご両親や一般の方、他の学校の先生方にも見に来ていただきたいです。これからの介護福祉士を変えてみせます!*写真はマイッカちゃんのプレゼンをデモで作った時の写真『歩行訓練の図』です。やっぱり学生にはやってみせる、山本五十六方式が効果的ですなー。
posted by はなこ at 17:19| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

もうすぐテストです

moku??????.JPG昨日も卒業生が4人ほど遊びに来てくれました。もうすぐ後期のテストです。そして、介護福祉士の国家試験も月末にあります。今年からは新潟県内でも受験できるようになり、ラクになった分、県外へ行く楽しみがなくなりました。自分が経験したことって興味がなくなりがちですが、介護福祉士の国家試験のあり方や、取得方法が変わってきています。後輩を育てるためにも、新しい制度は注目していきましょう。ところで、そんな国家試験を受験する皆様へ、筆記試験のあとの実技試験をサポートするため、2月2日19:30より、専門学校において、実技試験対策講座を行います。過去の問題をもとに、ポイントを指導します。打ち合わせの段階でかなり良いヒントをもらいまくりです。卒業生の皆さんの勤め先に今年受験される方がいましたら、ぜひご紹介下さい。学校にチラシもおいてありますよ。受講料3150円です。受験されなくても、施設での研修用の勉強にもどうぞ。
posted by はなこ at 14:14| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

今日から授業が始まりましたー。

tirasi.JPG学生の皆さん、卒業生の皆さん、お正月は楽しく過ごせましたか?私は新たなる挑戦の毎日で、3年分くらい脳みそを使ってしまい、『えー?まだ10日も経ってないの?』という感じです。新年早々となりの短大から苦情言われるし。。。今年度、この学校で一番怒られたのはきっと僕ですね(笑)今日は卒業生の小林君が来られました。エクレアを持って。。。(お土産よりも元気な姿を見せてくれれば良いのですよ)小林君は岩室でがんばってます。そうそう、現在学生募集が始まっております。6日にも加茂市内に新潟日報折込で配布されました。1月25日、2月23日、3月19日が受験日です。国家試験の技術試験の対策講座も開催します。2月2日19時〜(3150円)です。今年もどーぞよろしくお願いします。
posted by はなこ at 12:06| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

アポなし突撃施設訪問。。の巻

doo874.jpg新潟の寿司組合のホームページ作成など、IT関連で活躍されているSOHOのお友達の紹介で、新潟市江南のデイサービス施設におじゃましてきました。代表は渡部さんというとってもステキな女性で、もともとは建築関係の仕事をされていたそうです。介護保険事業の民間参入の中でも建築系が多い理由は、土地、建築に強い、ということですが、彼女の場合はちょっと違います。数年前、お母様が病気で入院、リハビリ、など療養生活を過ごされて、もっと楽しく、元気な施設が欲しいと思い、県外の施設へ見学に行ったり、自身でもヘルパー2級と取るなど、確実に夢に向かって進んでいました。しかし、途中で水害や地震などで、延期せざるを得ないことが重なり、今年9月に入りようやく土地を見つけ、着工、12月に完成したのであります。
doo865.jpgここのデイサービス、すごいのは、理学療法士が二人もいることです。他にもSTやらOTさんの用意もあるそうです。PTさんともお話しすることができましたが、渡部さんの一人一人を大切にしたいという考えに賛同し、家族の反対を押し切り病院を退職し、このデイに来たそうです。渡部さんの優しい気持ちをそのまま施設に現したリハブサロンDOO(ドゥー)は来年1月4日OPENです。団塊の世代のわがままや、培ってきたことを発揮できるようなスタッフも職員も元気になれる事業を目指しています。
代表の渡部さんの好きな言葉『念ずれば花ひらく』はボクも好きな言葉です。この世の生に感謝して、それを返していきたい、そんな想いが代表の言葉から感じ取れました。とっても良いサロンでした。また遊びにいこーっと。
リハルームから
posted by はなこ at 01:49| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

とあるグループホームの忘年会に参加

あるグループホームの忘年会に参加してきました。飲み放題なのに時間を過ぎても現場の介護職員の情報交換は終わらず、閉店近くまで飲みまくり、しゃべりまくりでした。別法人のGH職員も参加していたため、ニーズの考え方、どう実現していくか、『その人らしさ』など、小規模ケアについての情報交換がたくさんできました。話題のノロウィルスの間違った知識など、も看護師さんから教えてもらったり、楽しい学びの時間でした。ところで現場の介護職員に共通の問題として、研修や、制度など、専門職に必要な情報が流れてこないことが多い、ということを再確認できました。現場も忙しいので、いつ、誰にとって必要な情報であるかわからない情報なんか興味ないのも事実でしょうが、、。これからの介護福祉士の資格取得のプロセスが変わることさえも知らない人が多いのです。過去にも介護保険法を知らない介護職員はたくさんいました。いまだに説明できない人もいます。多くの介護福祉士は介護保険法の下に仕事をしています。仕事の根拠=給料の根拠となる法律です。法律も知らないくせに『給料が安い』『なんでこれがいけないのか?』などと愚痴をこぼすのは子供がダダをこねてるのと一緒。介護保険を学びたい方はいつでも、、、、どーぞ!!!そうそう、1月にデイサービスがOPENします。突撃取材してきまーす!
posted by はなこ at 11:06| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

今日で終わり。明日から冬休み

green.JPGもう今年も終わりですなー。今年はホントに忙しい1年でした。一年生が楽しそうに帰っていきますわ。最初は冷めていた学生も今では学校を好きになってくれたようで、ありがたいです。二年生は論文の下書き提出の最終期限です。パソコン持込組みも増えまして、データで渡してくれる方もいます。休みが明けるともう卒業です。仕事に就いたときに専門学校で過ごした日々や、先生方の言葉を思い出してくれたらいいなー。僕も振り返るとあっという間でした。学校でやりたいことはある程度やれたと思いますが、まだまだやります!実は学校に来る前に、この学校でやりたいことを100個メモしておきました。学校に入ってからだと『できない言い訳』してしまいますからね。企業のコンサルティングしているときにも使っていた手法です。あまり多くの情報を得る前に、第3者の目で感じたことを100個書きます。(100個は少ないほうですが。。)んで、実際に仕事をしながら、この100個を少しづつクリアしていきます。とりあえずこれをクリアするために必要なこととかが付随して出てくるので、それもこなします。今年は学友会活動、学生管理、書類管理、IT革命、ボランティア、PRなど、いろいろと変えていきました。でもこれってただの標準化に近づけただけ。独自性を出すにはまだまだこれからです。他の先生方、学生の皆さんにはご苦労かけましたが、100項目の宿題クリアにはまだ長い道のりですので、どうぞお付き合い下さい。新しく来る学生も私のクラスでは大変かと思いますが、、、、着いて来いよー。げははははは。
posted by はなこ at 17:15| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

初!広告を出します!

keas33.jpg
秋から提案していた広告を出すことになりました。1月の正月ちょっと過ぎた頃に新聞折込です。加茂、田上のあたりに配布されます。広告ってのは安易に出すものではありません。対費用効果という言葉もありますが、それだけではないのです。目的をどこに置くか、です。介護過程でもそうです。何をやるか、ではなく、何を期待するか、です。それによって、何をするかが決まるのです。もう一つはマーケティングとしての広告です。実は今回のこの広告にはいろんな目的が含まれているのです。いやービジネスって考えるだけでも楽しいですね。ある専門学校の先生からこんな言葉を聞きました。『企業で10年働いた人は、介護に転職できる。介護で10年働いた人は、企業に転職できない。』うーん、いい言葉ですなー。でもこれってボクに言わせれば『現状に満足しているヤツには何もできない』ってことですよ。上には上がいるし、広い世界があるし、やることが一つとは限らないのです。ちなみに写真は12回生か13回生のケアスタディ発表会の時の写真です。この時の発表は良かったなー。
posted by はなこ at 11:48| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

卒業生がよく遊びに来てくれます

13kai.JPG今日も何人か遊びに来てくれてました。仕事の悩みとか、技術と知識のおさらいとか。仕事となると真剣になるんですよね。そこには責任があるから。なかなか学生にその辺の感覚を求めるのは難しいかもしれないですね。目の前に対象となる方がいるわけじゃないのでね。逆に現場経験もないくせに『福祉の展望』を語られてもどうかと思いますがね。知っていてもらいたいのは、スグにはわからないことと、結論は一つじゃない、今日感じたことが全てではない、ということ。私も自分なりの理念にたどり着くのに3年かかりました。その後、ちょっとづつ変わってきて、『やっぱりまだまだだなー』と感じることが多いです。それを感じていられるのは、介護の現場の先輩、教員の先輩方に出会っているからです。専門学校の2年間で学生は大きく成長します。卒業して1ヶ月もしないうちにまたさらに成長します。でぇもー。もっともっと成長するはずなんですよ。だから現状に満足しないことです。プロたるものは日々研鑽なのです。ちなみに写真は13回生のケアスタディ発表会です。現在14回生もがんばって資料をまとめているところです。
posted by はなこ at 03:13| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

一年生、ブログみてるかぁ‐

来年に入りすぐの実習であり、しかもその前に期末試験がありますね。実習中、試験の結果が気になっていた事を今でも覚えています。           私は下田村から新潟みずほ園に行きましたから宿泊組でした。2週間、地元にかえらずに雪が積もらない所で生活し田舎に帰ってみればサプライズでした。「なんじゃこの雪の量は…」
みずほ園での実習ではまさに利用者を尊重した施設で技術の勉強より利用者の障害と程度、症状が異なること理解しコミュニケーション方法を学ぶ事が出来ると思います。色々な利用者さんと会話してみるといいです。あと職員さんに積極的に話かけて下さい。質問でも何でもいいので。あまり緊張しない方がいいかな。 中央福祉の三成より
posted by はなこ at 20:04| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目標をどのように達成するか?

2月は1年生の障がい者施設の実習です。障がい者施設での体験はとっても貴重です。過剰な介護や介助をしてしまいがちな高齢者施設と違うので、手を出しすぎない介護とか、福祉の理念を改めて考えさせてくれます。実習先の発表はどの学年もドキドキするものです。はっきり言って実習生をマンパワーとしてしか見ていない施設や、後輩を育てよう、という意識のない施設もあるのです。そんな施設ほど、ボランティアの要請が多いのです。学生と良い関係が気づけていないのにボランティアなんか行けるわけないのです。それはそれとして、学生にはのその段階に応じた目標と、個人的な目標を宣言してもらって、実習に行きます。目標を考えるプロセスとして
moku.JPG@目標と目的の違い
A目標達成の考え方
B共通目標の言葉理解
C共通目標の達成の方法を考える
D個々の目標を考える
というおおまかな流れで行くわけですが、今回は、1段階の特養実習で注意されたことを克服することと、褒められたことや、自分の良さを伸ばす、という二つの目標を考えてみました。自分のいい所がわからない学生にはみんなから『いいとこ探し』をしてもらったり、いろんな言葉が出てきました。皆さんイイ目標ができました。新潟県は実習の可能な障がい者施設が少ないため、宿泊組もいます。その分大きくなって帰ってきてくれるでしょう!なんてったって介護福祉士になるための厳しい修行なんですから。
posted by はなこ at 11:21| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

今日は洗髪の演習でした。

kama.JPG今日の1年生の授業は洗髪です。皆さん楽しんでやってましたよ。演習では『なぜこうするのか?』という理由がたくさんあふれています。その理論を無視すると、ただの流れ作業になってしまうのです。教えてもらえるのは学校での2年間と、就職した1年目だけです。それ以降は後輩を育てるために、この『なぜ』ということを知っておかなければいけません。次の動作では何をしたらいいのか、なぜこうするのか?ということを知っていれば、効率性や、新しい発想も生まれるはずです。なかなか生活体験の少ない学生には教えなければいけないことの方が多いのですが、入学当初よりはずいぶん成長しています。もう1年経つんだもんね。私が学生の頃、実習先の看護師さんが『先輩は後輩を育てる義務がある』と言っていました。この言葉を聞いた瞬間、体が震えました。『そーか!おれもそうならなきゃいけないんだ!』と決心したときを今でも覚えているし、機会があるごとに後輩には伝えています。先輩にしてもらった良いことは後輩に伝えていく。これが大事なのです。先輩である以上はしっかり指導をお願いしますよ。卒業生の皆さん。

posted by はなこ at 11:51| 新潟 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

介護をしないという選択もある。

love6.jpg介護福祉士養成校としては、介護の現場で活躍していただきたいものだが、これからの資格の動きを見ていると、研究や、管理者としての役割も求められてきているようです。私は個人的にはまちづくりや、災害関連にも参加していますが、資格の専門性をもっとうまく広げられないものか、と考えております。7回生の同級生で、プロのミュージシャンを目指している男がいます。彼は学校では、ちょっとおかしな言動がいかにもバンドマンでした。乱舞虎(ラブトラ)のイサミ君です。彼は第3回カミーノ音楽祭でグランプリを取り、記念アルバムを出しました。この中にある『野球少年』は必聴です。〜涙の数よりたくさんのボールを、、〜という野球少年のすさまじいドラマを歌うのです。かなり笑えます。彼は『介護のできるバンドマン』を入学当初から宣言していて、ライブでは、『手を使わないでパンツを履く方法』と言って、学校で考えていたことをやっていました。介護という仕事を選ばずとも、介護をPRしてくれています。「長生き無用でござる」という歌の歌詞には『一体どれだけの人たちの世話になるの?聴きたい歌も、見たいTVも、寝返りさえも、、』と、学校で学んだ言葉を使ってくれていました。時々このアルバムを聴いて「アイツも頑張ってんだからオレもがんばらねば」と励まされます。
posted by はなこ at 20:23| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

1回生から7回生の卒業生の皆様へ

giju.JPGお仕事があります。講師のお仕事です。介護技術講習会の指導者のお仕事です。介護福祉士の筆記試験のあとに受ける実技試験が免除される講習会です。介護福祉士を取得後5年の現場経験がなければ指導者になれないので、ぜひ、中央福祉卒業生で、新しい挑戦をしてみたい方は、2月5日、17日の指導者養成講座を受講してください。詳しくは学校にお問い合わせ下さい。
私が講師の仕事をするようになったのはこの学校を出てからです。あの頃は資格手当てが1万円くらいついていた時代でした。介護福祉士としてお金を稼ぐにはこの資格でなければとれない仕事をすることが重要です。学校を出るのに200万円かかるとしましょう。資格手当てが1万円としたら、200万円稼ぐのに200ヶ月です。16年以上もかかってしまうのです。じゃあ宝くじで200万当てればいいじゃん、という問題ではないのです。お金の種類の問題なのです。こういうお金の話に弱いのが福祉系です。資格を取る目的に使ったお金は、その資格で取り戻すべきなのです。だから手当て程度ではいつまでたっても親孝行はできません。私が講師の仕事をするようになったの理由は他にもあったのですが、『資格で稼ぐ』ということが一つにありました。『自信がない』という方もいます。贅沢な悩みですなー。チャンスを活かせないのはもったいないですよ。
posted by はなこ at 11:39| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

イベント報告します!

CIMG5446.JPGいやー不覚にも風邪を引いてしまいました。イベント終了後、薄着ではしゃいで飲んでたからなー。しかも十日町はすごい雪だし、インフルエンザ予防接種できないし。2日イベントの大成功の報告をします。参加者40名(卒業生400名なので1割の参加でした。)とりあえず今後のつながりのための足がかりにはなりました。分科会も一つに搾り、講座と二手に分かれてのイベントでしたが、いろんな意味で勉強になりました。結論から言うと、やっぱりもっと啓発していかなきゃならん!ということでした。もう一つ。案内は往復はがきでやるべきでした(笑)まー次回からはメールと口コミを期待しながらゆっくり膨らましていきますよ。非常勤講師の方にも参加いただいたり、楽しい一日でした。まー飲み会が一番盛り上がりましたけどね。
CIMG5547.JPG
posted by はなこ at 23:40| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

いつの時代も女・子供は犠牲者

200612032008000.jpg戦国時代、女は政略結婚、子供は養子に出されたり敗戦した家柄では一家全員切腹し落城、攻める側はその家柄の存続を徹底的に打ち切るために子供もはりつけにし処刑していた(滅亡させる)
今日テレビを見ていて児童虐待のニュースをしてました。またか、あきれてものも言えん。近年いじめ原因の自殺、児童誘拐や殺害、児童虐待と子供が犠牲になる事件が多発してます。少子化をどうにかしなくてはいけないと出生率をどうのこうの言ってますがせっかく生まれてきた子供がこの状況では…
どうしたらいいと思いますかと、意見を言うのは簡単な事です。学校の先生に相談するとか近所の方々が保護する。いじめを発見したら注意するとか正義の意見は沢山でます。しかし実際は口だけだろう。行動でその正義貫き通す人は少ないと思う。自分もその様な人を尊敬したいがその正義貫く勇気はない(情けない)。このブログを見ている方はこの問題をどう思い何か考えていることがあればコメントを書いてくださると嬉しいです。
画像は私が好きな武将の一人。織田信長の義弟である浅井長政です。妻は信長の妹で政略結婚。政略結婚だが夫婦仲はよく子は三人の娘と男の子一人の四人。しかし信長と戦い敗走後、居城を攻められ自害した。妻子も死を覚悟したが信長に保護された。残念なのは長男だけはりつけにされ処刑され浅井家は滅亡した。
中央福祉の三成より
posted by はなこ at 20:31| 新潟 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。